リャーマ(地名)

Last-modified: Mon, 30 Nov 2015 16:03:02 JST (625d)

東にある小さな街。ここの教会でレクチェの指輪を広い、この街の地下はパワースポットとなっていて、以前研究施設があった。
第二部ではレクチェが記憶を失ったままで、幸せに暮らしている場所。
ちなみに第一部でエリオットが立ち寄った酒場のバーテンダーの名前はアンクと言い、第二部でレクチェを拾ってくれた青年でもある。(未描写設定)もう1つおまけの未描写設定として、教会の隣の一軒家に居た多重人格の青年の名前はジキル。2人とも、小説化にあたって主要キャラから外された、いわゆる没キャラ。

地名の由来は、無い。