ミーミルの森(地名)

Last-modified: Mon, 30 Nov 2015 15:53:56 JST (744d)

エルフが住む森と言われていて、ツィバルドよりも更に北にある、雪深い森。
ルフィーナセオリーフィクサーの(元)エルフトリオの出身地であり、何百年か前に一度、セオリーフィクサーの手によって半壊滅状態にされている。現在はルフィーナの祖母が種族の長を務めているが、その騒動まではルフィーナの父が長であった。

地名の由来は北欧神話より賢者の神ミーミル、及び、彼の泉から。
ので、ミーミルの森にはミーミルの湖があり、作中ではそこで釣りをしていたり。そしてその湖の先には神の箱庭を支える大樹が見える。